title-contact

blog

2016/08/02

タイでもまだ知られていないイサーンの絶景:観光地編・サム・パン・ボーク<ウボンラーチャターニー県②>by東京の飯田橋、池袋にあるタイ語教室

こんばんは。

 

前回はパーテーム国立公園(อุุทยานแห่งชาติผาแต้ม)

の紹介だけで終わってしまいましたので、

今回はウボンラーチャターニー県の最大の見どころ

「サム・パン・ボーク(สามพันโบก)」を紹介したいと思います。

 

サム・パン・ボークは、タイ人の間でもまだあまり知られていない、

ちょっとレアな観光地ですので、

注目されて有名になる前にぜひ訪れてみて下さい。

 

サム・パン・ボークは、

ボンラーチャターニーの中心地から約120kmのところにあり

車で約2時間ほどです。

交通手段は車だけですので、ボンラーチャターニー市内で

車をチャーターするか、レンタカーを借りることになります。

 

「ちょっと大変」と思われるかも知れませんが、

せっかくの良い機会ですので、タイ語教室で学んだタイ語を駆使して、

頑張ってみて下さい。

 

「サム・パン・ボーク(สามพันโบก)」とは、

サム(สาม)=3、パン(พัน)=千、ボーク(โบก)=穴(タイのイサーン方言又はラオス語)

ということで、その名の通り「3,000個の穴」という意味です。

 

「3000個の穴」とはどういうことかと言うと、

メコン川のによって河床が浸食され、沢山の穴が空いたような形をしているからです。

この沢山の穴たちは色々な形をしており、

亀や犬、ミッキーマウス?など様々な形をした穴を見かけることができます。

ミッキーマウス

 

しかし、このサム・パン・ボークは河床が浸食されてできたもののため、

メコン川が乾季の時にしか見ることが出来ません。(※※ベストシーズンは乾季の12月~5月頃)

 

また、サム・パン・ボークは浸食された穴以外にも、

その浸食された岩盤の形から、タイのミニグランドキャニオンとも呼ばれています。

タイのグランドキャニオン

日中が暑いということもありますが、朝焼けや夕焼け照らされたその姿は幻想的で、

時間が止まったかのようです。

 

サム・パン・ボーク周辺では、この絶景を楽しむ以外に

メコン川でのクルーズやイサーン料理レストラン、宿泊施設もあるので、

タイの田舎でイサーン料理に舌づつみしながら、

のんびりしてみてはいかがでしょうか。

 

飯田橋校(スリーエスエデュケーション)のタイ語の生徒さんも
池袋校(JAYAランゲージセンター)のタイ語の生徒さんも
ぜひ一度ウボンラーチャターニー県を訪れてみて下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
JAYA & 3S 総合ホームページhttp://www.jaya-net.com/

池袋校(JAYAランゲージセンター)
http:/www.jaya-net.com/jaya/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-15 東伸ビル5階
TEL:03-3983-0371

飯田橋校(スリーエス エデュケーション)
http://www.sss-education.com/
住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-7-11 大和APビル7階
TEL:03-5926-5665
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 
体験レッスンお問い合わせフッター