title-contact

blog

2016/12/21

タイ語の末子音が上手く言えない、聞き取れない方!タイ語の発音⑤<タイ語の末子音>:byタイ語の発音・会話教室

こんばんは。本日はタイ語の末子音についてです。

 

末子音とは、本来は「n(ナ行)」「k(ガ行)」などのように、

「○行」を表す子音が「○○n」「○○k」のように

音のまとまりの最後にくることです。

最後に子音が来るので末子音と呼ばれています。

 

日本語にも「n(ん)」の末子音がありますが、

日本語にある末子音はこの一つだけです。

「n(ん)」で終わる言葉以外は、全て母音で終わります。

しかし、タイ語の場合は

最後が子音終わることが日本語よりも多く、末子音が全部で8種類あります。

 

末子音
発音記号 発音の仕方
-k 「サッカー/sakkaa」の「サッ/sak」で止めた「ッ/k」の音
-t 「きっと/kitto」の「きっ/kit」で止めた「っ/t」の音
-p 「やっぱり/yappari」の「やっ/yap」で止めた「っ/p」の音
「おんがく/ongaku」の「おん/ong」で止めた「ん/ng」の音
-n 「みんな/minna」の「みん/min」で止めた「ん/n」の音
-m 「さんま/sanma」の「さん/san」で止めた「ん/m」の音
-y(i) 「い」を弱めに添える感じで発音 /本により「y」だったり「i」だったりします
-w 「お」に近い「う」と「お」の中間音

 

タイ語の末子音は日本語より種類が多いため、

発音や聞き取りが難しいという方がいらっしゃられます。

 

また、「話したタイ語が通じにくい…」と言う方の中には、

末子音が上手く言えてない方が多くいらっしゃられます。

 

慣れるまで日本人には発音し難かったり聞き取り難かったりしますが、、

しっかりとコツを掴めば発音も聞き取りもとっても簡単です。

 

タイ人はちゃんと末子音の使い分けをしているので、

末子音が曖昧だと自分の意図が上手く伝わらなかったり、

誤解をまねいてしまったりします。

 

自分が言いたいことをしっかりと相手に伝えて、

誤解をまねかないようにするためにも

正しい末子音を身に付けましょう。

 

しっかり通じるタイ語を身に付けたい方は、

ぜひ本校のタイ語レッスンへお越しください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
JAYA & 3S 総合ホームページhttp://www.jaya-net.com/

池袋校(JAYAランゲージセンター)
http:/www.jaya-net.com/jaya/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-15 東伸ビル5階
TEL:03-3983-0371

飯田橋校(スリーエス エデュケーション)
http://www.sss-education.com/
住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-7-11 大和APビル7階
TEL:03-5926-5665
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京でタイ語など幅広いアジア言語を学べる当スクールのブログをご覧ください

スリーエス・エデュケーションでは、東京近郊で楽しく通える語学教室を開講しております。当スクールの活動情報やお得なキャンペーン情報などを随時発信しているブログがございますので、ご興味がございましたら是非ご覧ください。
当スクールの講師は、しっかりと授業を行えるよう育成や研修を通して採用された講師陣が勢揃いしております。タイ語や韓国語、中国語にベトナム語など、すべての授業をオリジナルテキストやカリキュラムを導入し、確実に身につくよう言語学や音声学を教えております。
分からない事があってもその場で質問ができるアットホームな雰囲気の中で授業が行われておりますので、会話をしながら楽しく学んで頂けます。スリーエス・エデュケーションは東京の飯田橋駅から徒歩1分のアクセス抜群の場所にございます。

 
toiawase_bana