title-contact

blog

2016/08/06

バンコクが一望できるお勧めスポット:観光地編<バンコク①>by東京の飯田橋、池袋にあるタイ語教室

こんにちは!

 

本日、土曜日14時30分のタイ語クラスの方と話をしていたら、

担任の先生も含めてクラスの全員がお盆はタイにいることが判明し、

「凄いですね…。」と盛り上がっていたのですが、

 

その際に、これまでblogでご紹介したタイの秘境には、

時間がないと行けないので、

もっと手軽に行けるバンコクの穴場を紹介してほしいとの

話しがありました。

 

そこで、バンコクの穴場の紹介をしていきたいと思います。

っと言っても、バンコクはみなさん行かれているので、

ご存知のところも多く、穴場と呼べるかどうかわかりませんが…。

 

 

バンコク第1回目は、「ワットサケット(ใกล้วัดสระเกศ )」です。

ワットサケットはタイ人の間で「プーカオトーン (ภูเขาทอง)/黄金の丘」とも呼ばれおり

 

プーカオ(ภูเขา) 山 + トーン(ทอง) 金

 

という名前の通り、小高い山(丘)の上に金色の仏塔が立っています。

 

ワットサケット

 

ワットサケットはアユタヤ時代からある古い寺院で、

もともとは「ワットサケー」と呼ばれてそうです。

 

現在使われている「サケット」とは、タイ語の王室用語で「髪を切る(散髪する)」

という意味があり、

ラーマ1世が王様として即位する儀式に臨む前に、

このお寺で髪を切ったため

ワットサケット(ใกล้วัดสระเกศ )」と改名されたとのことです。

 

 

今の様な小高い丘が完成したのは、ラーマ5世の時代で、

高さは約80メートル。344段の階段を上っていきます。

階段

 

暑いタイで300段以上の階段を上るのは一苦労ですが、

頑張って登り切った先には、

黄金の仏塔とバンコク市内を一望できる素晴らしい風景が待っています。

 

仏塔

 

拝観時間は7時半から日没までで、拝観料は20バーツです。

 

BTSや地下鉄が通っていないので、

バスかタクシー、又は運河ボート

で行くことになります。

 

少し変わったアクセスをしてみたいという方は、

是非、伊勢丹の北側にある運河ボート(センセーブ運河運河を走るボート)

を利用してみて下さい。

 

運河ボートは乗り降りが難しい乗り物なのですが、

伊勢丹近くの船着き場からボートに乗ると、

始発なのでゆっくりとボートに乗船できるうえ、

ワットサケットが終点なので、下りる時もゆっくりと下船できます。

 

王宮やワットポー、ワットアルンなど

有名な観光地はもう見飽きたという方は、

是非ワットサケットを訪れてみて下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
JAYA & 3S 総合ホームページhttp://www.jaya-net.com/

池袋校(JAYAランゲージセンター)
http:/www.jaya-net.com/jaya/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-15 東伸ビル5階
TEL:03-3983-0371

飯田橋校(スリーエス エデュケーション)
http://www.sss-education.com/
住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-7-11 大和APビル7階
TEL:03-5926-5665
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/09/27

タイで人気上昇中、カンチャナブリーの自然を満喫:観光地編・カオチャーンプアック<カンチャナブリー県➁>by東京の飯田橋、池袋にあるタイ語教室

こんにちは。

 

今回はカンチャナブリーの後編です。

前回ご紹介した観光地は、日本人があまり訪れない場所ですが、

時々ガイドブックで紹介されていいたりします。

 

後編の今回ご紹介する場所は、今まさにタイで少しずつ人気が上昇している

日本のガイドブックではまだ紹介されていない秘境の絶景観光地です。

 

タイ語の地名はカタカナだと通じにくいため、

目的地まで辿り着くのに必要な主要な地名や言葉をタイ語でも表記しておきます。

 

その場所の名前は「カオチャーンプアック/เขาช้างเผือก」と言い、

「トーンパープーム国立公園/อุทยานแห่งชาติทองผาภูมิ」の中にあります。

uketuke

カンチャナブリーの市街地から国道323号線/ทางหลวงสาย 323で175km、

トーンパープーム市/อำเภอทองผาภูมิから30kmの所にあります。

 

国立公園のオープン期間が10月から2月までで、

それ以外の期間は国立公園へ立ち入ることが出来ません。

さらに、1日60人という入場制限もあります。

%e0%b9%80%e0%b8%82%e0%b8%b2%e0%b8%8a%e0%b9%89%e0%b8%b2%e0%b8%87%e0%b9%80%e0%b8%9c%e0%b8%b7%e0%b8%ad%e0%b8%81

国立公園の事務所から8km(4-5時間)の山道を

トレッキングをしながら進んで行きます。

山の少ないタイでは、登山になれてないタイ人が多いため、

8kmの道のりを7-8時間かけて登る人もいます。

unkai

日帰りで行くことも可能ですが、

日出や雲海も綺麗ですので、時間のある方はぜひ山頂で一泊してみて下さい。

山頂ではテントでの宿泊が可能で、

テントや寝具は国立公園の事務所で借りることも出来ます。

yama01

また、「タイの秘境を個人でトレッキングは不安だ…。」という方は

国立公園の事務所でガイド(先導役)/ผู้นำทาง

ポーター(荷物運び)/ลูกหาบを900B/1人で雇うことが出来ます。

 

日ごろ学習しているタイ語を駆使して、

タイ人の間で注目を浴び始めた、最先端の秘境観光地を目指してみて下さい。

 

トーンパープーム国立公園/อุทยานแห่งชาติทองผาภูมิ

住所:ตู้ ปณ.18 อ.ทองผาภูมิ จ.กาญจนบุรี 71180

電話番号: 03-453-2114

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
JAYA & 3S 総合ホームページhttp://www.jaya-net.com/

池袋校(JAYAランゲージセンター)
http:/www.jaya-net.com/jaya/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-15 東伸ビル5階
TEL:03-3983-0371

飯田橋校(スリーエス エデュケーション)
http://www.sss-education.com/
住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-7-11 大和APビル7階
TEL:03-5926-5665
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/08/05

苦労する価値がある!タイ南部の絶景の海:観光地編・スリン諸島<パンガー県>by東京の飯田橋、池袋にあるタイ語教室

こんばんは!

 

本日ご紹介するのはタイ南部のアンダマン海の北の端、

ミャンマー国境に浮かぶ島

スリン諸島(หมู่เกาะสุรินทร์)です。

 

タイと言えばプーケット島やサムイ島など、

南国リゾートを楽しめる島が沢山ありますが、

 

「一番きれいな海はどこですか?」と聞かれたら

自信を持ってお勧め出来るのが「スリン諸島(หมู่เกาะสุรินทร์)」です。

スリン海

プーケットやサムイの海ももちろん綺麗ですが、

スリン島の海は比べ物にならないぐらいズバ抜けて綺麗です。

 

ただし、ものすごく海が綺麗ということは、

人の手が入っていないということなので、

アクセスが困難なうえ、宿泊施設も限られています。

 

綺麗な海のためならサバイバルも辞さないという方は、

授業で習ったタイ語を駆使して、ぜひ遊びに行ってみて下さい。

 

スリン島はタイ南部のパンガー県のクラブリーにあります。

お隣のくにミャンマーからは約10km程の距離です。

 

諸島と言う通り、いくつかの島からなるスリン諸島ですが、

主要な島は北スリン島と南スリン島で

北スリン島の南側に宿泊施設(テントとバンガロー)があります。

 

スリン諸島は国立公園に指定されていおり、

入場料はタイ人、外国人の区別はなく一律400Bとなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイのシミラン諸島もスリンに負けないぐらい海が綺麗ですが、

シミランが海が深くてダイビングしか楽しめないのに対して

スリンは海が浅く、ダイビングだけでなくシュノーケリング

も楽しめる島として知られています。

 

スリン諸島は陸から距離があり、アクセスが大変なうえ、

雨季には上陸ができないため、

手付かずの海が広がる海域となっています。

 

ではこのスリン諸島、どうやって行けばよいのでしょうか。

プーケットやカオラックなどのリゾート地からもツアーがありますが、

プーケットやカオラックからは距離があるため、

移動時間がすごく掛かって(片道3時間半~4時間)

現地の滞在時間がほとんど取れないうえ

ツアー代がとても高いのでお勧めできません。

 

スリンを満喫するには最低でも島で1泊することをお勧めします。

南スリンには海上で生活をする

シージプシーのモーガン族の村( Morgan Village) もあるので、

時間があれば、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

 

スリン島に一番近いのがクラブリー港、

クラブリーからスリンまでは約60kmあり、

スピードボートで約1時間10分です。

 

バンコクからクランブリーまでは

バンコクからバスで11時間、プーケットからは4時間です。

 

近くに空港がないのですが、

強いて言うなら最寄空港はラノーン空港、次に近いのがプーケット空港になります。

バンコクからそれぞれの空港までの所要時間は1時間30分程度です。

ラノーンからクラブリーまではバスで所要3時間、

プーケットからクランブリーまでは4時間のため、

乗り継ぎを考えると、バンコクからバスで行くのとあまり変わらないかもしれません。

 

クランブリーの港からスリン行の船は1日1本で朝9時発です。

ですので、どこからアクセスするにしても、

クランブリーで一泊してから翌日の朝に船に乗るのがお勧めです。

 

9時の定期便を逃してしまった方や、

それ以外の時間にスリンへ向かいたい方は、

スピードボートをチャーターしてスリンへ向かうことになります。

 

ちなみに、帰りのスリン発の定期便は午後2時です。

 

スリンに到着をすると、

船着場のすぐそばに国立公園の受付けフロントがあるので、

そこで宿泊の手配をします。

受付け

先程も書きましたが、

国立講演への入場料はタイ人、外国人の区別はなく一律400Bです。

 

宿泊施設はバンガローとテントがあり、テントは人数に合わせて、大と小を選べます。

 

年末、年始などの涼しい時期は、防寒用にマットを借りることもできるので、

フロントで相談してみて下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

食事はフロント横にあるレストランで取ります。

食事から飲み物、お菓子まで一通りそろってますが、

離島ということもあり、値段が高いです。

 

持参できる物は、自分で持って行くのも良いかも知れません。

 

シュノーケリングのツアーは午前と午後の2回あり、

事前にフロントで予約が出来ます。

必要な道具はフロントでも借りれますが、

衛生的な面を気にされる方は、自前で持参されるのも良いかも知れません。

スリンシュノーケリング

また、せっかくスリンに来たので、「スリンを隅から隅まで満喫したい。」

という方は

ボートをチャーターすることも可能です。

 

注意事項としては、テントが普通のテストで鍵がついていないこと。

普通にテントにファスナーがついているだけですので、

貴重品や現金の管理には気をつけて下さい。

 

サバイバル感満点のスリンですが、

その苦労とは引き換えにえられるスリンの海の美しさは格別です。

 

飯田橋校(スリーエスエデュケーション)のタイ語の生徒さんも

池袋校(JAYAランゲージセンター)のタイ語の生徒さんも

学習したタイ語を駆使して、ぜひ一度スリンを訪れてみて下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
JAYA & 3S 総合ホームページhttp://www.jaya-net.com/

池袋校(JAYAランゲージセンター)
http:/www.jaya-net.com/jaya/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-15 東伸ビル5階
TEL:03-3983-0371

飯田橋校(スリーエス エデュケーション)
http://www.sss-education.com/
住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-7-11 大和APビル7階
TEL:03-5926-5665
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/09/24

日帰りではもったいない魅惑のカンチャナブリー:観光地編・サンクラブリー他<カンチャナブリー県①>by東京の飯田橋、池袋にあるタイ語教室

こんにちは。

 

今日はバンコクの近くの観光地カンチャナブリーをご紹介します。

 

「カンチャナブリーなら知っているよ。」「もう行ったことあるよ。」

という方も多いと思います。

hasi

でも、「日帰りツアーで戦場にかける橋を見てきた。」という方が

多いのではないでしょうか。

 

本当は、カンチャナブリーは自然豊かで見どころたっぷりな観光地で、

戦場にかける橋はその一部にすぎません。

 

カンチャナブリーにはエラワン国立公園やサイヨーク国立公園など

山と渓谷美あふれる自然の宝庫で、滝や洞窟、温泉、遺跡、ダムなどがあります。

また、戦場にかける橋以外にも戦争の悲惨さを今に伝える歴史的な施設が点在し、

さらに、ミャンマー国境の街であるサンクラブリーには、

モン族やカレン族の人々が昔ながらの素朴な暮らしを営んでいます。

 

カンチャナブリーを満喫したい方は、ぜひ泊り掛けで訪れてみて下さい。

 

カンチャナブリーはバンコクから西へ約110キロの所にあります。

鉄道でバンコクからアクセスする場合は、バンコクのトンブリー地区にある

バンコクノーイ駅発からカンチャナブリー経由ナムトック行き(1日2本)の

鉄道で行くことができます。

所要時間はカンチャナブリーまで約2時間40分/ナムトックまで所要約4時間半です。

土日祝日には、フアランポーン駅6:30発の特別列車が運行しています。

 

バスでアクセスする場合は、バンコク南バスターミナルから

随時カンチャナブリー行きのバスが出ています。

所要時間は1等で約2時間程です。

 

宿泊施設も川に浮かぶ筏のバンガローから

リゾートまでいろいろなタイプがあり、

本当にいろいろな観光地と見どころが盛り沢山ですので、

カンチャナブリーに着いたら、

日程と興味にあわせて観光協会に相談してみるのも良いかも知れません。

 

エラワンの滝

erawan

カンチャナブリ市内より北に65kmのエラワン国立公園内にあり

No.8170のバスでカンチャナブリから約1時間30分です。

(8時から17時20分まで、50分間隔)

全長1500mの滝は、水遊びができる滝から大きな落差がある迫力溢れる滝まで

7段階の滝に分かれています。

濡れてもかまわない服装と滑らない靴で訪れましょう。

 

ヒンダット温泉

hindat

カンチャナブリ市内より約130km。

国道323号を105knnほど進み、ヒンダットの交差点を右折。

No.8203のバスでカンチャナブリから約2時間30分です。

1942年に日本軍兵が掘り当てた温泉で、川の畔にあります。

お湯は少し温めですが、暑いタイではちょうどいいかも知れません。

入浴される方は水着を持参するのを忘れないようにしましょう。

 

サンクラブリー

sanku

サンクラブリーは、カンチャナブリ市内から北西へ約245kmのところにある

カオレーム国立公園の一部です。

ダム建設の際に町が湖底に沈んでしまったため、

その町民のために造られた国境の町です。

湖を見下ろせる丘にワット・ワン・ウィウェカラームが立っており、

境内にはインドのブッダガヤ風のパゴダを見ることが出来ます。

この町には、ミャンマーの内戦から逃れてきたモン族やカレン族が

多く住んでいます。

この町のシンボルは、全長約444mのタイ最長の木造橋で、

湖の向岸に住むモン族の人々が寺院へ参拝できるように造られたものです。

橋の上から見ることができる、朝霧や湖に沈む夕陽は絶景で

バンコクからの観光客が年々増えてきています。

 

だいぶ長くなってしまいましたので、カンチャナブリーの秘境については

次回書きたいと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
JAYA & 3S 総合ホームページhttp://www.jaya-net.com/

池袋校(JAYAランゲージセンター)
http:/www.jaya-net.com/jaya/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-15 東伸ビル5階
TEL:03-3983-0371

飯田橋校(スリーエス エデュケーション)
http://www.sss-education.com/
住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-7-11 大和APビル7階
TEL:03-5926-5665
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/08/02

タイでもまだ知られていないイサーンの絶景:観光地編・サム・パン・ボーク<ウボンラーチャターニー県②>by東京の飯田橋、池袋にあるタイ語教室

こんばんは。

 

前回はパーテーム国立公園(อุุทยานแห่งชาติผาแต้ม)

の紹介だけで終わってしまいましたので、

今回はウボンラーチャターニー県の最大の見どころ

「サム・パン・ボーク(สามพันโบก)」を紹介したいと思います。

 

サム・パン・ボークは、タイ人の間でもまだあまり知られていない、

ちょっとレアな観光地ですので、

注目されて有名になる前にぜひ訪れてみて下さい。

 

サム・パン・ボークは、

ボンラーチャターニーの中心地から約120kmのところにあり

車で約2時間ほどです。

交通手段は車だけですので、ボンラーチャターニー市内で

車をチャーターするか、レンタカーを借りることになります。

 

「ちょっと大変」と思われるかも知れませんが、

せっかくの良い機会ですので、タイ語教室で学んだタイ語を駆使して、

頑張ってみて下さい。

 

「サム・パン・ボーク(สามพันโบก)」とは、

サム(สาม)=3、パン(พัน)=千、ボーク(โบก)=穴(タイのイサーン方言又はラオス語)

ということで、その名の通り「3,000個の穴」という意味です。

 

「3000個の穴」とはどういうことかと言うと、

メコン川のによって河床が浸食され、沢山の穴が空いたような形をしているからです。

この沢山の穴たちは色々な形をしており、

亀や犬、ミッキーマウス?など様々な形をした穴を見かけることができます。

ミッキーマウス

 

しかし、このサム・パン・ボークは河床が浸食されてできたもののため、

メコン川が乾季の時にしか見ることが出来ません。(※※ベストシーズンは乾季の12月~5月頃)

 

また、サム・パン・ボークは浸食された穴以外にも、

その浸食された岩盤の形から、タイのミニグランドキャニオンとも呼ばれています。

タイのグランドキャニオン

日中が暑いということもありますが、朝焼けや夕焼け照らされたその姿は幻想的で、

時間が止まったかのようです。

 

サム・パン・ボーク周辺では、この絶景を楽しむ以外に

メコン川でのクルーズやイサーン料理レストラン、宿泊施設もあるので、

タイの田舎でイサーン料理に舌づつみしながら、

のんびりしてみてはいかがでしょうか。

 

飯田橋校(スリーエスエデュケーション)のタイ語の生徒さんも
池袋校(JAYAランゲージセンター)のタイ語の生徒さんも
ぜひ一度ウボンラーチャターニー県を訪れてみて下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
JAYA & 3S 総合ホームページhttp://www.jaya-net.com/

池袋校(JAYAランゲージセンター)
http:/www.jaya-net.com/jaya/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-15 東伸ビル5階
TEL:03-3983-0371

飯田橋校(スリーエス エデュケーション)
http://www.sss-education.com/
住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-7-11 大和APビル7階
TEL:03-5926-5665
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/08/02

タイのイサーン地方にある自然の不思議:観光地編・パーテーム国立公園<ウボンラーチャターニー県①>by東京の飯田橋、池袋にあるタイ語教室

こんばんは!

 

今日はタイの東北、イサーン地方のウボンラーチャターニー県です。

 

イサーン地方といえば北イサーンと南イサーンに分かれますが

コンケーンやウドンターニーと言った北イサーンを訪れる方のほうが多く

南イサーンには馴染みがないという方も多いと思います。

 

そこで、今回は南イサーンの東の端に位置している

ウボンラーチャターニー県についてご紹介したいと思います。

 

しかし、「ウボンラーチャターニー県は見どころがいっぱい!」なので、

前編と後編に分けて紹介をしていきます。

 

ウボンラーチャターニー県はタイの最東部の都市で、

バンコクから約630km程の距離にあります。

 

 

ウボンラーチャターニーには空港がありますので、

飛行機を利用するのが一番便利です。

バンコクからは約1時間5分のフライトで、

タイ国際航空とタイスマイル航空が飛んでいます。

 

「旅はやっぱり鉄道でしょう。」という方は、

ぜひバンコクのフアランポーン駅から鉄道を利用してみて下さい。

夜行列車も含めて、1日に数本の列車が出ており、所要時間は約10時間です。

 

また、ウイークエンドマーケット近くのバンコク北バスターミナルからも

長距離バスが定期的に出ており、こちらも所要時間が10時間程度です。

 

まずは、ウボンラーチャターニー県の郊外にある見どころから

ご紹介をしたいと思います。

 

まずは、有名どころのパーテーム国立公園(อุุทยานแห่งชาติผาแต้ม)です。

パーテーム国立公園はウボンラーチャターニーの中心地から約100km程

のところにあり、国立公園への入場料は大人200B、こども100Bです。

 

パーテーム国立公園は、340平方キロメートルという

ものすごく大きな国立公園で、

岩と森に覆われた高原にあります。

 

公園に入ってすぐにあるのが、キノコの様な形をした岩です。

キノコ岩

このミニ版タイのカッパドキアを過ぎて公園の奥へ進むと、

断崖絶壁の岩場に描かれた壁画を見ることができます。

壁画

この壁画は3000~4000年程前の生活が描かれており、

300以上の壁画が発見されています。

 

そして、パーテーム国立公園の一番のお勧めは、

断崖絶壁の上から一望できるメコン川流域の景色です。

自然の雄大さを実感できます。

メコン川風景

広大な公園内では様々な植物や滝なども見ることができますので、

もし時間があれば1日かけてパーテーム国立公園を満喫してみて下さい。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
JAYA & 3S 総合ホームページhttp://www.jaya-net.com/

池袋校(JAYAランゲージセンター)
http:/www.jaya-net.com/jaya/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-15 東伸ビル5階
TEL:03-3983-0371

飯田橋校(スリーエス エデュケーション)
http://www.sss-education.com/
住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-7-11 大和APビル7階
TEL:03-5926-5665
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京でタイ語など幅広いアジア言語を学べる当スクールのブログをご覧ください

スリーエス・エデュケーションでは、東京近郊で楽しく通える語学教室を開講しております。当スクールの活動情報やお得なキャンペーン情報などを随時発信しているブログがございますので、ご興味がございましたら是非ご覧ください。
当スクールの講師は、しっかりと授業を行えるよう育成や研修を通して採用された講師陣が勢揃いしております。タイ語や韓国語、中国語にベトナム語など、すべての授業をオリジナルテキストやカリキュラムを導入し、確実に身につくよう言語学や音声学を教えております。
分からない事があってもその場で質問ができるアットホームな雰囲気の中で授業が行われておりますので、会話をしながら楽しく学んで頂けます。スリーエス・エデュケーションは東京の飯田橋駅から徒歩1分のアクセス抜群の場所にございます。

 
toiawase_bana