title-contact

blog

2017/07/03

ASEAN設立50周年記念 サンシャワー 東南アジアの現代美術展 by 池袋JAYA・飯田橋スリーエス

こんばんは。

 

2017年はASEAN設立50周年という事で

様々なイベントや催し物、展示等が行われていますが、

今回は、東南アジア現代美術展です。

 

今回は何と国立新美術館と森美術館の2か所同時開催!

国内過去最大規模の展示ですので、ASEANの言語

(インドネシア語、カンボジア語、タイ語、タガログ語、

ベトナム語、マレーシア語、ミャンマー語)を学習している生徒さん、

日頃はあまり目にすることない

東南アジアの芸術を見に

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

↓↓↓以下、「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」の詳細です↓↓↓

人口約6億人の東南アジア地域

経済発展目覚ましい東南アジア地域の現代アートは、

今、世界から大きな注目が集まっています。

ASEAN(東南アジア諸国連合*)設立50周年にあたる今年、

国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンターが、

国内過去最大規模の東南アジア現代美術展、

「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」を開催致します。

ajiatennji
「サンシャワー(天気雨)」は、

晴れているのに雨が降るという不思議な気象ですが、

熱帯気候の東南アジア地域では頻繁にみられます。

また、植民地主義以降の20世紀後半の冷戦下における戦争や内戦、

独裁政権を経て近代化や民主化を迎え、

近年では経済発展や投資、都市開発が進むなど、

さまざまな政治的、社会的、経済的変化を遂げてきたこの地域の

紆余曲折とその解釈の両義性に対する、詩的なメタファーでもあります。

多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域では、

ダイナミックで多様な文化が育まれてきました。

サンシャワー:東南アジアの現代美術展 」では

自由の希求、アイデンティティ、成長とその影、コミュニティ、信仰と伝統、歴史の再訪など、

東南アジアにおける1980年代以降の現代アートの発展を複数の視点から掘り下げ、

国際的な現代アートの動向にも照らしながら、そのダイナミズムと多様性を紹介します。

東南アジア諸国連合*:2016年11月現在、インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスの10カ国が加盟

会 期 2017年7月5日(水)~10月23日(月)
会 場
(2館同時開催)
国立新美術館 企画展示室2E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
開館時間
10:00~18:00(毎週金曜日・土曜日は21:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
休館日
毎週火曜日

森美術館
〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
開館時間
10:00~22:00(毎週火曜日は17:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
会期中無休
※詳しい情報は、森美術館ホームページをご覧ください

主 催 国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンター
共 催 朝日新聞社、東京新聞、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、NHK
後 援 外務省、インドネシア共和国大使館、カンボジア王国大使館、シンガポール共和国大使館、タイ王国大使館、フィリピン共和国大使館、ブルネイ・ダルサラーム国大使館、ベトナム社会主義共和国大使館、マレーシア大使館、ミャンマー連邦共和国大使館、ラオス人民民主共和国大使館
協 賛 株式会社大林組、トランスコスモス株式会社、WEARNES、住友商事株式会社
協 力 全日本空輸株式会社、シャンパーニュ ポメリー
観覧料(税込)
2館共通 単館
当日 前売 当日 団体
一般 1,800円 1,600円 1,000円 800円
大学生 800円 600円 500円 300円
-高校生及び18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は無料。

障がい者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は無料。

学生は身分証等をご提示ください。

団体券は各館で販売(国立新美術館は20名以上、森美術館は15名以上で団体料金を適用)します。

前売券(2館共通のみ販売)は2017年5月15日(月)~7月4日(火)まで販売。

サントリー美術館、森美術館、国立新美術館で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は、相互割引「あとろ割」(200円引)が適用されます(国立新美術館、森美術館の各単館券のみ有効)。

その他の割引につきましては、各館へお問い合わせください。

森美術館併設の展望台 東京シティビュー、屋上 スカイデッキ、森アーツセンターギャラリーへの入館は別料金になります。

巡回 2017年11月3日(金・祝)~12月25日(月)/福岡アジア美術館
お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンター
―2017年夏の展覧会共同開催に向け、リサーチプロジェクトが進行中!
ウェブサイト 「SEA プロジェクト」:http://seaproject.asia/

ASEAN設立50周年記念として サンシャワー 東南アジアの現代美術展

 

アクセス

国立新美術館

  • 東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札
    6出口(美術館直結)
  • 都営地下鉄大江戸線 六本木駅 7出口 徒歩約4分
  • 東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口 徒歩約5分

森美術館 (六本木ヒルズまで)

  • 東京メトロ日比谷線 六本木駅 1C出口 徒歩0分
    (コンコースにて直結)
  • 都営地下鉄大江戸線 六本木駅 3出口 徒歩4分

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
JAYA & 3S 総合ホームページhttp://www.jaya-net.com/

池袋校(JAYAランゲージセンター)
http:/www.jaya-net.com/jaya/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-15 東伸ビル5階
TEL:03-3983-0371

飯田橋校(スリーエス エデュケーション)
http://www.sss-education.com/
住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-7-11 大和APビル7階
TEL:03-5926-5665
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 
toiawase_bana